【Python】統合開発環境(IDE)って何を使ったらいいの?【有名どころでOKです】

Pocket

【Python】統合開発環境(IDE)って何を使ったらいいの?【有名どころでOKです】

Pythonで勉強するだけなら、最近はお手軽な環境があります。AtomやJupyter Notebookなんかが有名どころです。ここを見ている方もひょっとしたらインストールされているんじゃないでしょうか?しかし、これでは、開発としては物足りなく感じます。つまり、C#やC++なんかされている方には、統合開発環境(IDE)が気になっているんじゃないでしょうか?今回は、Pythonにおいて、どの統合開発環境(IDE)が良いのかというテーマで書いていきます。

出典:http://www.photo-ac.com/

おすすめ統合開発環境(IDE)は3つ

Visual Studio Code(VS Code)

Microsoft社から出ている、統合開発環境(IDE) Visual Studio Codeです。C#やC++、C言語での開発経験がある方には、おなじみの統合開発環境だと思います。なじみ深さもあり、とても使いやすいです。
使いやすさのほかに、直感的に操作できるのは、ありがたいです。しかも、軽いので現状最強化と思っています。
また、小~中規模のPythonコードを書く目的のユーザーは、特にお勧めです。 例えば、簡単なWebスクレイピングや、AWS Lambdaの関数を作成する場合など楽勝で作成できるでしょう。

良く悩む人が多い、実行も右クリックで、ターミナルでPythonを実行などのようにクリックするだけで簡単に実行されます。これで、ファイル操作もできますし、エクセルの入出力や、CSVなどの操作も楽勝です。
つまり、至れり尽くせりの超イージーモードの世界がここにはあります。

あと、できればVS Codeインストール前に、Anacondaのインストールをしておくといろいろ楽です。Path通しなどいろいろあるためです。(そんな大した作業ではないのですが・・・)

インストール当初は英語ですが、日本語にできます。

VS Codeにある、MARKETPLACEで「Japanese Language Pack」を検索して、検索リストに出た、「Japanese Language Pack」のみど色のボタンで「install」と書かれているものをクリックでインストールされます。
そして、VS Codeを立ち上げ直すだけです。至ってシンプルです。

PyCharm

VS Codeと2分するほどよくインストールされている開発環境です。
このIDEのメリットは、OSに関係なくインストールできるところが、ユーザーの多い理由です。つまり、Windows、Mac OSやLinuxにもインストールできます。

動作は、比較的軽い印象です。使い勝手は、いいと思います。

次に、デメリットですが、日本語未対応です。また、PyCharmは有償版と無償版の2つがあります。勉強目的なら無償版で事足りると思います。ただし、Web開発を目指すのなら、必要なサポートが有償版にしかないため、私は、お勧めできません。

Jupyter Notebook

以前【Python】Jupyter Notebookでサクサク捗るインストールで勉強術 for Windows【Anaconda】でもおすすめしているもので、エディタとしての機能は、最強だと思います。

Pythonの勉強、とっかかりには、必須だと思います。しかも、Jupyter Notebookをインストールしておくことで、Pythonに必要なものも同時にインストールしておけるのは、効率的であり最大のメリットです。
つまり、Anacondaのインストールです。

もし、まだでしたら、Anacondaだけでもこちらからインストールしてみてください。

Pythonの導入部分の勉強が終わったら実践あるのみですよ!おすすめはプログラミングスクールに行くこと!

今流行りのプログラミングスクールについて調べてみた!
AIマスターに最速4週間。憧れのWebプログラマーになれる!!
>> 人生をイージーモードに変える秘密はここから