【悲報】人生を変えたい人は職場を変えるべし。社会人の価値は環境で決まるって知ってますか?【5つのポイント】

Pocket

【悲報】人生を変えたい人は職場を変えるべし。社会人の価値は環境で決まるって知ってますか?【5つのポイント】

このタイトルに関心を持った方々は、主に30歳前後の方が多いのではないでしょうか?
というのも、30代というのは、転機の年で動くには今しかないと思っている方が多いからだと思います。
40歳になるとガックンと転職成功率が減ってしまいますもんね。
今回は、転職するための5つのポイントに絞ってライフシフトの仕方について書いていきます。

出典:http://www.photo-ac.com/

転職はライフシフトの手段です。5つの視点から考えてみよう!

人生今のままで良いのか?って悩んでいませんか?

人は、長年勤めていると「自分の人生はこのままで良いのか?毎日決められた退屈な業務をただただこなして、安い給料で一生きりつめないといけないのだろうか。」とふと悩むことがあります。これは、誰しもが通る道で、働けど働けどお給料は増えるどころか減る一方でメンタルを消耗している人が多いのが事実です。でも、家庭を持っている人や動きたくてもブラックすぎて身動きとれない人が多いのです。しかし、動かないと現状は打開できず障害変わらぬ賃金の下で生涯を終えてしまうのです。これって、本当にあなたの望んだ未来ですか?あなたが新卒の時のどんな気持ちでその会社に入社しましたか?野心に満ちてギラギラした目でトップに上り詰めてやるそう思ってませんでしたか?
しかし、時の流れは残酷でそういった向上心、野心を会社という組織が押しつぶしてしまったのです。ここまで読んだあなた。もう一度、その気持ちを呼び起こしてみませんか?そこで、呼びかけたいのが「ライフシフト」です。今の世の中その年齢に応じた生き方(環境)を選択することで再びやる気や向上心など忘れていた気持ちを思い出し生きがいを見つけることにつながります。

出典:http://www.photo-ac.com/

社会人の価値観や伸びしろは、環境に左右される【超重要】

「ライフシフト」というのは、今の自分に適した(やりがいを見つけた)環境に変化することです。つまり、環境を変化させることが「ライフシフト」につながります。ここで特に重要なのが、社会人の価値観や伸びしろは環境によって左右されるという話につながっていきます。社会人というのは、常にいろいろなことが内外で起こり続けています。要は、あなたがこのサインをうまく拾えるか素通りしているかということです。「ライフシフト」の上手な人は、そんな小さなサインでも上手く乗り環境を変えるのです。環境を思い切って変えることは、リスクではありません。何もすべてを捨てて一気に変えてしまおうという話ではないのです。「ライフシフト」するための準備する時間をうまく作りましょう。人間時間を作れないというのは、ほとんどの人がいいわけです。突破口は必ずあります。「ライフシフト」の上手い人は、並行して準備して機が熟したら移り変わるのです。「ライフシフト」での地盤を築いているため収入が0円というのはありません。そこも事前に調整するからです。自分には、無理だろうと思う前に、自分が「ライフシフト」するその環境を思い浮かべどんな障害があるのか一個一個書き出し対策を考え潰していくと後はそこへ進むだけでOKなので、意外にシンプルで楽です。でも、動かないで頭でずっと考えるとしんどいしムリゲーって思うようになり、負のループです。これでは、最初から負けです。何もうまくいきませんよね。社会人の方は、価値観や伸びしろが最もある時期でもあるので、環境さえ整えばあとは、自動的に進んで行くことを覚えておいてください。

出典:http://www.photo-ac.com/

あなたは、5年後、10年後もダラダラ消耗しているんですか?

ここまで読んできて、まだ、動けないなぁとか生活を変えるのは不安だなぁとか思っている方は、少なからずいると思います。確かにそうですね。人間は変化を嫌う生き物です。現状、満足してないにしても最低限の生活ができている。社畜だけど一定の決められた仕事はある。満足のいく仕事内容ではないけど、下手に動いて今の仕事すらなくなったら目も当てられない。そう思うのは当たり前といえば当たり前ですね。
でも、今一度考えてみてください。
「あなたは、5年後または、10年後、その退屈な仕事をいつまでもダラダラ続けているんですか?ダラダラすることは、自分の成長をストップしてしまい、あなたの真の価値を発揮できないまま、今の少ない手取りで人生を消耗するんですか?」
これでいい。満足だ。そう思えるのであれば問題ないのですが、何人かの人は、今の給与が倍になるのならもっと精神的に安定して生活遅れるなって思ったんじゃないでしょうか。その考えは、正しい判断だと思います。あなたの給与というのは、つまりあなたのその会社での価値として考えるといいでしょう。つまり、あなたが月収20万円もらっていたとすると、あなたの所属する会社でのあなたの評価は20万円ということなんです。あなたの真の価値が発揮されると20万円から40万円になることだってあるんですよ。それをどうせ自分は、みたいなことでチャンスを見過ごすというのは、いかがなもんでしょうか。例えるなら、落ちているお金を拾わないようなもんですよね。人は、平等にチャンスがあります。大多数の人間は、何かに理由をつけてそれを見ぬふりします。そして、現状を嘆くのです。ここまで読んでみて、あなたは、どうしますか?それでも5年後、10年後、その退屈で生産性のない仕事にかじりつきますか?

出典:http://www.photo-ac.com/

人はチャレンジしてこそ輝けるんです

よく言われる例えとして、人は、宝石です。磨けば磨くほど光ります。磨くというのは、トレーニング・勉強など行動が当てはまります。光るというのは、成長です。人間は、自己投資を惜しまなければどんどん賢くなって成長します。逆に何もしなくてダラダラ消耗するとそこで成長はストップします。宝石は光るどころかただの石ころ。黒ずんでるだけの石ころです。原石は誰もが持ってるものです。それを上手く磨けるかどうかで後の輝きに変化をもたらします。自己投資を惜しんではいけません。「ライフシフト」するために、あなたは、今何が足りないのかをしっかり理解しましょう。そしてそれを補うのです。この補う動作が自己投資です。つまり勉強です。勉強と言ってもテストではないので、いろいろなところから情報を得たらいいでしょう。カンニングしたっていいんです。それが大人の勉強方法なんですから。専門書買って読んでもいい。今は、SNSが発達してるから、Twitterとかで自分が思う「ライフシフト」する業種のひとから発信される情報を学んでもいい。スマホがあるからkindleで本を買ったり情報収集だって10年前に比べたらやりやすくなってます。チャレンジすることは、楽なことではありません。しんどいことの方が多いかもしれませんが、「ライフシフト」したあと自分がイージーモードを体験できるなら刹那的なしんどさだと思います。ただ、間違えたらいけないのは、体を壊してまで追い詰めるのは違うと思います。言いたいのは、あなたがダラダラ消耗していた時間、人によっては行きかえりの電車時間でスマホや漫画見ていた時間を自己投資の時間に当ててみてはどうかということ。はじめは慣れないことなので苦痛ですが人は慣れるのでそれが生活の一部になります。だから小さなことからでいい。ちょっとずつ前進できれば後は回っていくそう思ってもらったらいいです。

出典:http://www.photo-ac.com/

ぶっちゃけ転職はローリスクのチャレンジで、お手軽に環境変化できます!

ここまで読んできてどう思ったでしょうか?自分に危機感を覚えた方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、まだ環境の変化に対して二の足を踏んでいる方も当然いると思います。ぶっちゃけた話をしますと転職は、ローリスクで環境変化、「ライフシフト」するための素晴らしいシステムです。多くの人の生涯は、現状以下の生活水準まで下がるのではないかという心配から二の足を踏んでいるので、つまり、それをなくせば簡単に転職を視野に入れることができます。前述でも書いたように、今の生活をすべて捨てて「ライフシフト」しろとは、言ってません。「ライフシフト」するための準備を万全にして行ってほしいのです。そのためには、自分のかけている部分がたくさんあるので、それをちょっとずつでもいいから改善していってほしいのです。これを前進すると言います。
ただ、「ライフシフト」するためには、次のステージを知っておくことは、超重要なので、転職サイトには、いくつか登録しておくべきです。なぜなら、あなたの目指す職種、年収は、どんな会社があって、どんな人材を求めているのか知ってほしいからです。まずは、ゴールを作っておいて後はそこへ行くためのルートを考えるだけです。帰納的な考えですが、「ライフシフト」するうえで超重要なんですよ。もちろん、今のあなたのランク、現状どこにいるのか、例えば年収で言うと、全人口の何パーセントの位置にいるのか知っておくのも今後の転職活動において、優位な物言いができるので調べておくのが良いでしょう。

転職サイトは、登録しておくだけでも別にそこから申し込まなくても全然OKです。あなたの目指す指標に役立ててください。
有名どころを記載しておくので、ややこしい勧誘とかはありません。(体験談)

まとめ

まとめておきましょう。
求人数が多いし知名度があるから、登録しておくだけでもモチベーションが上がります。そして目に入った求人がいい感じだったら、申し込んでみたらいいと思います。そんな気合い入れなくても気楽にやるべき。
正社員のハードルが高ければ、派遣社員やバイトなんかで良い職場を自分で見つけるのはとってもいいことです。

この記事があなたにとって良い「ライフシフト」になりますように。